サイトメニュー

プチ整形で美しく

注射を打つ人

留意すべき点と準備

連続施術で治療効果の持続時間を長期化できるのがボトックスの魅力ですが、再治療を行う時は十分に間隔を空けるよう留意せねばなりません。これは抗体の発生を防ぐ意味で大切なポイントですから、厳守するようにしましょう。抗体というのは体の抵抗力を司る存在で、間隔を空けずにボトックスが体内に入ってきますと、体に抵抗力がついてしまいます。すると同じ治療をしても効果が減衰してしまい、本来なら得られる筈の美容作用が得られなくなるのです。そのためこの薬の効き目が十分に発揮されている間は、再治療を避けてください。また、理想的な間隔には個人差があり、治療部位によっても違うため、美容整形外科のドクターに判断してもらうのがポイントです。同じ美容整形外科でボトックスの繰り返し治療を実施するなら、過去のカルテを見て医師が最適な間隔を見極めてくれます。ですが、別のクリニックで治療を受ける時はそのカルテがありませんので、前回までの治療日や注入量などを詳しく伝えるように留意しましょう。さらに、これは施術の種別は問いませんから、小顔治療と表情ジワの治療は別、という具合にはなりません。治療種別は違っても、ボトックス注射であれば適切に間隔を空けるように気をつけましょう。そこで、違う美容目的のボトックス施術を複数希望している時は、同時治療を検討するのが得策です。
外科手術と違いプチ整形のボトックス注射は、施術の当日へ向けた準備はそれほど必要ないのも一般的です。強いて挙げればこの治療には内出血という副作用があるため、施術を受ける前はアルコールを摂取しないようにします。お酒が入っていると血流が増えてしまい、内出血の起きるリスクが高くなるからです。また、飲酒を伴わない場合でも極稀に生じることがあるとも言われているので、顔を治療する際はコンシーラーなどを携帯しておくと良いでしょう。しかしながら、ボトックス治療を受けるクリニック選びといった準備作業は、余念なく行う必要があります。医師の技術や経験数、それに費用も各美容整形外科でまるで異なりますから、十分に時間を掛けて調べておくのがベターです。使用するボトックスも厚労省公認の高品位タイプの方が効果に優れるため、ボトックスの種別から治療先を選ぶことも欠かせません。高品位タイプであれば抗体の発生も抑えやすいので、その意味でも無視できないポイントです。そして治療を受けるクリニックを選びましたら、カウンセリングの予約を電話かネットで行いましょう。何れの美容外科もいきなりボトックス治療を行うことはなく、事前にカウンセリングや診察を実施するのが通例です。その際に治療効果や費用の案内をしてくれるので、説明内容に納得してから治療を申し込むのが基本となっています。

Copyright© 2019 身体の悩みは美容外科などの医療機関に相談することで解決するかもしれません All Rights Reserved.